三豊市少年少女発明クラブ「発明くふう展作品作り」を開講

 7月17日・31日に詫間キャンパスにおいて、三豊市少年少女発明クラブ「発明くふう展作品作り」を行いました。

 例年、5月から8月にかけて(約6回)“香川の発明くふう展”の出展作品を製作しています。しかし、今年度は新型コロナウイルス感染拡大のために活動中止が相次ぎ、本校を会場とした活動は計3回のみとなりました。

 作品のアイデアを考え、設計図を作り、材料を探し、製作をスタートしたところで本校を使用できなくなり、自宅製作をお願いすることになりました。

 各自、自宅での製作に励み、12人のクラブ員から出展作品の提出がありました。

(自宅での製作が困難なクラブ員には、次年度の提出を目指してもらっています。)

 香川の発明くふう展は、10月30日(土)に香川産業頭脳化センターにて表彰式が予定されています。結果を楽しみに待ちたいと思います。

 次回の発明クラブの活動は、10月9日(土)「プログラミング教室」を予定しています。活動再開の際には、改めて感染症対策に注意し、安心して活動できる場所の提供に努めていきます。