三豊市少年少女発明クラブ「プログラミング教室(1) 」を開催しました

 10/10(土)詫間キャンパスにおいて、三豊市少年少女発明クラブ「プログラミング教室(1)」が開催されました。今回から新型コロナ対策を行い詫間キャンパスロボコンチーム「TEAM ARK」の学生もサポートに加わりました。

 プログラミング教室は、子供向けプログラミング教育を積極的に行っている一般社団法人みとよAI社会推進機構(MAiZM)より講師をお招きし、子ども向けプログラミングツール「Scratch Jr(スクラッチジュニア)」を使って、オリジナルストーリーの作成を行いました。

  「Scratch Jr」の操作方法を講師の方や学生からサポートを受け、クラブ員同士で教えあったりしながら、各自好きなキャラクターを作って自由に動かし、背景を組み合わせてオリジナルストーリーをプログラミングで作ることができました。iPadの操作にも慣れ、試行錯誤しながらもプログラミングでものづくりを楽しんでくれた様子でした。

 最後は自分で作ったオリジナルストーリーを紹介し、プログラミングで工夫したところなどを発表してもらいました。緊張の中にも自分の作品をみんなに見てもらえる嬉しさが伝わってきました。

(TEAM ARK・みらい技術共同教育センター・(一社)みとよAI社会推進機構(MAiZM) )